« 特別定額給付金 6月2日第3回目で、約40%の世帯へ! | トップページ | 6月1日から6月市議会が始まっています! »

2020年6月 5日 (金)

市独自の事業者支援金制度の充実を求める申入書 市会議員団

 去る 6月4日(木)日本共産党市議団は、支援金制度の売り上げ比較の月と申請期間の延長を市に申し入れました。

202064

河内長野市長  島田智明 様          日本共産党河内長野市会議員団

                          丹羽 実   宮本 哲

                          駄場中 大介 原 歴史

                          仲川 学

 

    河内長野市独自の事業者支援の更なる充実を求める申し入れ

 

 連日のコロナ対策と対応に敬意を表します。大阪府内でいち早く河内長野市独自の事業者支援策を構築し更に5月売上分も支給対象にしたことを大きく評価しています。

 現在、大阪府の休業要請を対象とした支援制度の判定が遅れています。河内長野市の制度は府の制度からもれる人が対象となるため、大阪府の結果を見てからしか申請できない事業者がおられます。現在、市制度の締め切り日は6月19日となっていますので、締め切り日の延長を求めます。

 また、建築業など非常事態宣言から遅れて仕事が無くなったり、入金が遅れれて来る事業者などは、6月からが深刻になります。市独自の支援制度の支給対象を6月まで拡充してください。 

                     記 

○ 河内長野市独自事業者支援金の申請締め切り日を延長してください。

○ 河内長野市独自事業者支援金の支援対象を6月売上分に拡大してください。 

                                                                      以上

 コロナ関連では13本目の申入れになります。

 

« 特別定額給付金 6月2日第3回目で、約40%の世帯へ! | トップページ | 6月1日から6月市議会が始まっています! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別定額給付金 6月2日第3回目で、約40%の世帯へ! | トップページ | 6月1日から6月市議会が始まっています! »