« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月27日 (土)

コロナ関連第2次交付金を市民の願いに沿ったものに・・・14本目の申し入れ市に提出

 コロナ関連第2次交付金は、9億412万2000円であることが分かり、その使途について要望しました。

2020年626日  河内長野市長   島田智明様 河内長野市教育長 松本芳孝様

          日本共産党河内長野市会議員団 丹羽  実  宮本  哲 駄場中大介 原  歴史 仲川  学

        第二次臨時交付金を活かしたコロナ対策に関する申し入れ

 全国的にみても極めて早い特別定額給付金の支給をはじめ、様々なコロナ対策の実施とご奮闘に心から敬意を表します。

 さてこの度、第二次の臨時交付金が河内長野市に対して、合計9億4122000円を上限に交付されることになりました。これらを有効に活用するため、この間の申し入れで実現しなかったことも含めて提案します。

              記

■地域プレミアム商品券やクーポン券等を発行する場合、生活困窮世帯との格差が生まれない制度設計をしてください。また高齢者にも配慮してください。

■事業者に対する市や府の支援金制度が、前年度比50%の売り上げ減少が対象となっており、受け取れない事業者がたくさんおられました。50%以下の売り上げ減少でも支援金を給付する制度を作ってください。

■事業者支援で6月の売り上げが減少した事業者も支援金給付の対象にしてください。

■給与所得者もボーナスが減少したり、残業代が減少したりと生活苦にあります。給与所得者を対象にした給付金制度をつくってください。

■コロナ禍の中で子どもたちに寄り添い、密をさけた教育が行えるよう、教員や校務員等の臨時加配を行ってください。

■学生に対する授業料等の支援を行ってください

■学校給食関連事業者の中には4月から6月半ばまで売り上げがない職種があります。市の学校給食を守るために市外事業者であっても支援をしてください。

以上です。6月30日(火)午前11時からの議会運営委員会で7月1日2日の臨時市議会の約9億円の詳細が提示される予定です。

2020年6月26日 (金)

コロナウイルス市内感染者、6人目 発生しました!

 本日、府内1813例目で、20歳代・男性・河内⻑野市・家族あり・会社員・発症日 6月24日・軽症・府1801例目の 濃厚接触者と大阪府報道発表で報道されました。  ところで、市内感染者5人目の男性・重症の方は退院なされたそうです! 良いニュースと良くないニュースでした。


2020年6月24日 (水)

特定定額給付金/全市民の95%の方へ、全国でもベスト10に入る早さ!凄いです!

 島田市長の6月22日(月)のFBによると、特定定額給付金は次の振り込み日は6月24日(水)の本日で対象世帯47,525世帯人口104,001人中、45,134世帯人口99,904人に届く事に。 全市民の95.0%に方に10万円が受け取ったことになる。残り 申請されていない方が1,868世帯あり申請を促すと・・・と言っています。

2020年6月19日 (金)

市、10万円の定額給付事業6月17日現在 87.6%の給与世帯率 大阪府内約7位!!

島田市長の6月17日(水)のFBによりますと

「 次の特別定額給付金10万円の支給日が6月18日(木)で確定しました。これで、対象件数47,525世帯中、43,907世帯(92.4%)に支給されることになります。ご参考までに、6月15日(月)現在、申請書受付は45,153世帯(95.0%)です
 給付申請率99%をめざし、「申請はお忘れなく」ののぼりが出来上がってきました。のぼりの左下にご注目頂きたいのですが、「給付金は市内で使おう♪」とモックルが言ってます😀 貯金も大事ですが、余裕があれば、地域経済活性化のために、市内で10万円を使いましょう!!!   」

というようにタイトルの数値より 進んでいます!凄いです。タイトル数値は市から資料請求した数値でした。😃

2020年6月12日 (金)

「4月27日より早く生まれていたら10万円が----」河内長野市が報道されました

6/11(木) 14:00に配信された「朝日新聞デジタル」の記事を紹介します。
 新型コロナウイルス対策として国が10万円を支給する特別定額給付金をめぐり、生まれて間もない赤ちゃんがいる親から不満の声が出ている。4月27日が基準日で、1日でも遅れて生まれた子は対象にならないためだ。不公平だとして独自の救済策をとる自治体が相次いでいる。 大阪府河内長野市の女性(38)は5月6日、次女を出産した。直前の4月に、特別定額給付金の基準日が4月27日と知り、ショックを受けた。「なぜ」 会社員の夫は新型コロナの影響で給与が減った。出産すればおむつやミルク代など出費もかさむ。「感染しないよう気をつけてきたのに、わずかな日の差でもらえないなんて」 河内長野市には、こうした家庭から残念がる声が複数届いた。中には4月28日に出産した女性も。市は検討の結果、4月28日以降、来年3月末までに生まれる子には5万円を支給する方針を決めた。島田智明市長は「4月27日時点で妊娠がわかっている家庭は広く支援したいと考えた」。 朝日新聞の調べでは、少なくとも全国で30以上の市町村が独自の支援に乗り出している。・・・・・

と報道されました。 私の知人の息子嫁さんが今、妊婦さんで今年中に出産される予定の人もたいへん喜んでいました。前回のブログで定額給付金の給付が世帯の80%を超えていることをお知らせしましたが、全国平均は38%くらいです。この面でも河内長野市は頑張っています😃

2020年6月11日 (木)

市の特別定額給付金10万円/人、約80%の世帯に!完了!

島田市長のフェイスブック 6月9日によると、今日の振込みで約80%の世帯に給付が完了するとのことです。

FBの内容は以下の通りです。

「6月9日 20:16 · ...
本日6月9日(火)、次の特別定額給付金10万円の振込日が6月11日(木)で確定しました。これで、合計36,769世帯(83,000人)分、給付金対象者の79.8%の支給が完了します。全国では、まだ対象者の約30%にしか支給が完了していないということですので、河内長野市はかなり優秀な方だと思います。
  宵のうちに作業場の様子をカメラに収めましたが、今も作業が続いているようです。私は明日早朝からしなければならないことがありますので、もう帰宅します😀 まだ申請者の約13%には支給されていない状況ですので、特別定額給付金チームが、書類不備の案件を含め、これからも迅速に対応してまいります。」  頑張っていますネ!

2020年6月 6日 (土)

6月1日から6月市議会が始まっています!

 1日(月)から河内長野市6月定例市議会が始まっています。

今議会は、コロナ関連対策で緊急を要し専決処分された(マスク代・消毒液代・市独自の緊急事業支援金費用など)が可決されました。

今議会は、代表質問はなく5人の市議団はそれぞれコロナ関連の質問をします。

本会議や委員会傍聴は、コロナ関連3蜜を避けるため 傍聴者数は本会議で16名程度、委員会でも通常の半数程度になりますが是非傍聴に起こしください。

私の質問時間は、6月11日(木)午前11時くらいからです。質問内容は以下の通りです。

2020年 6月議会   個人発言通告  丹羽

件名1、災害時の対応に感染症対策版を早急に整備するべきでは 

要旨1、当市では新型コロナ肺炎感染者が5人以上発症しておらず感染の第1波は過ぎたようですが、しかし梅雨の時期を迎え大雨・洪水災害や引き続き東南海大地震の発生の心配する時期になりました。全国的にも当市でも通常版の避難所運営計画は持っているものの感染症対策版はありません。

 (1)3密を避けるを基本とした感染症対策版の作成状況は。

 (2)避難所の面積では感染症対策版は通常版より何倍の面積が必要ですか。

 (3)指定避難所が不足すると思うが、増やす方針は。 

 (4)こうした状況を避けるため親戚・友人宅・車中泊や旅館・宿泊施設を新たな避難所として準備を進めていますか。

 (5)感染症対策版の作成時には、自治安全部(危機管理)と市民保健部(健康推進)との連携を考えていますか。

 (6)実際に指定避難所を使用して市職員・避難所責任者・自治会/町会役員・地域ボランティア団体などと合同で避難所開設訓練をしていますか。 

 要旨2、感染症対策をする指定避難所には、通常時より多くの機材が必要。

消毒液、マスク、使い捨て手袋、フェイスシールド、防護服(ガウン)、ゴミ箱、非接触型体温計、段ボールベッド・仕切り板、2m離隔の設備、Wi-Fi環境整備などが必要。

1)購入費用や訓練費用にあたっては、国の第2次補正予算(地方創生臨時交付金)で充当を検討しては。 

件名2、新型コロナウイルス感染症の影響で今春、就職を断念せざる得ない新卒者ならびに突然の解雇・雇い止めにあった方々を市として臨時雇用すべきではないか。 

要旨1、共産党議員団は5月8日に緊急雇用対策を求める申し入れ「現在全国の市町村で、コロナ感染症の影響により内定を取り消された人や雇止めされた方を対象に会計年度任用職員の緊急雇用を行っています。業務内容は保健業務や各種給付事業の事務作業です。労働者の中でも、コロナ感染症の影響で職を失い収入を絶たれているのは、雇用の調整弁になっている非正規雇用の人たちです。河内長野市としても、雇用が必要になった際に、これらの方々を優先して雇用する」をしましたがその後検討されたでしょうか。大阪府茨木市や千早赤阪村など、全国的に多数の自治体が実施しています。     

件名3、「気候非常事態宣言」を市として早期に宣言を。 

要旨1、3月市議会で市議会として決議が全会一致で採択されました。早期に気候非常事態宣言を制定し、市民に広く周知・啓蒙すべきではないか。どの時期に提案されるのかお聞きします。

以上です。

2020年6月 5日 (金)

市独自の事業者支援金制度の充実を求める申入書 市会議員団

 去る 6月4日(木)日本共産党市議団は、支援金制度の売り上げ比較の月と申請期間の延長を市に申し入れました。

202064

河内長野市長  島田智明 様          日本共産党河内長野市会議員団

                          丹羽 実   宮本 哲

                          駄場中 大介 原 歴史

                          仲川 学

 

    河内長野市独自の事業者支援の更なる充実を求める申し入れ

 

 連日のコロナ対策と対応に敬意を表します。大阪府内でいち早く河内長野市独自の事業者支援策を構築し更に5月売上分も支給対象にしたことを大きく評価しています。

 現在、大阪府の休業要請を対象とした支援制度の判定が遅れています。河内長野市の制度は府の制度からもれる人が対象となるため、大阪府の結果を見てからしか申請できない事業者がおられます。現在、市制度の締め切り日は6月19日となっていますので、締め切り日の延長を求めます。

 また、建築業など非常事態宣言から遅れて仕事が無くなったり、入金が遅れれて来る事業者などは、6月からが深刻になります。市独自の支援制度の支給対象を6月まで拡充してください。 

                     記 

○ 河内長野市独自事業者支援金の申請締め切り日を延長してください。

○ 河内長野市独自事業者支援金の支援対象を6月売上分に拡大してください。 

                                                                      以上

 コロナ関連では13本目の申入れになります。

 

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »