« 昨日「救命入門コース」に参加してきました! | トップページ | 「安保法制(戦争法)廃止」街頭スタンデイング宣伝 »

2016年10月15日 (土)

石川河川水汚濁問題、第3報「水質検査結果」

 第1報と第2報でお知らせしました、石川河川水汚濁問題。市から10月6日に行った水質検査結果表がでましたのでお知らせします。

 結果は、PH値や有害物質などは全て基準値以内でしたが「濁り」は土砂崩落地からの距離に比例してます。

Skmbt_c28416101416510

Skmbt_c28416101416511_21枚目の表1が流入直下、3.5km下流の町井橋、7km下流の千代田橋の結果です。カドミウム、全シアン、鉛、六価クロム、砒素、総水銀、PH値が検出せずまたは基準値内です。水中浮遊物質(ss)濁りの指標は、直下が基準値の6.6倍。3.5kmで8倍。7kmで2.6倍でした。

昨日、私と駄場中議員とで流入直下から1km(上美濃出橋)と3kmの(宮山橋)で汚濁物質(ドロ)を採取してきました。

流入直下から1km(上美濃出橋)ではドロの堆積深さは多いところで約10cmありました。

3kmの(宮山橋)では2~3cmとなっており、直下から離れれば離れるほど広く拡散し堆積しています。

Img_5392
宮山橋付近の堆積(草むらの手前の灰色のドロ)

Img_5399

Img_5400


上美濃出橋(約1km)では、一目で宮山橋(3km)地点よりドロが多いのが判ります。

Img_5409
Img_5406

Img_5412
Img_5410
上美濃出橋からの帰り見道では、業者の作業員4~5名の方が作業を終え帰るところを見かけました。

Img_5415持ち帰ったドロをコピー紙(白)の上に取り出しこすりつけた写真です。

見ての通り、灰色で水に溶かした荒い小麦粉ような細かさでした。camera

この違法に流したドロを全て回収するには、福島第一原発でばら撒かれたセシウム137を除染するのと同じくらい時間と費用がかかると想像が付きます。

この宗教法人さん、やってくれますよネ!

« 昨日「救命入門コース」に参加してきました! | トップページ | 「安保法制(戦争法)廃止」街頭スタンデイング宣伝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1646700/67959061

この記事へのトラックバック一覧です: 石川河川水汚濁問題、第3報「水質検査結果」:

« 昨日「救命入門コース」に参加してきました! | トップページ | 「安保法制(戦争法)廃止」街頭スタンデイング宣伝 »