« 先月オ-プンの「くろまろの郷」行ってきました! | トップページ | 「若いパワーで餅つき」旭ヶ丘子ども会 »

2014年12月18日 (木)

河内長野市危機管理課職員-窃盗で書類送検!

 12月18日付けの各新聞に、河内長野市職員(危機管理課課長補佐)○○○○55歳が市内のテニスクラブ内の陳列ケース内のテニスシューズ3足を盗んだとして、河内長野警察は地方検察庁堺支部に書類を送りました。 起訴するか不起訴にするかは、地検の判断です。

  私たちの議員団控え室には17日夕方、部長と副市長が来られ説明を聞きました。それに先がけ11月26日には、市役所8階危機管理室の本人の机とロッカーが家宅捜査されていました。  もし余罪がなく初犯だったら、家宅捜査などしないのではと思います。 いずれにせよ免職にしてほしいぐらいです。  詳しくは各新聞をご覧ください

今日閉会した12月市議会の最後に芝田市長は「誠に遺憾、市民にお詫びする」と、謝罪しました。

Img_2320 この写真は、庁内に数ヶ月前から張り出されている「市民への約束」

 3階人事課の前に張ってある啓発ポスターです。  

  芝田市長の名前で *笑顔であいさつします  *市民と一緒に考えます。 *職員みんなで協力し対応します。 *積極的に取り組みます。   *法令を遵守します

   ・・・と書いてあります。 これが守られ実践されておれば、3.2億円の横領事件も今回のような窃盗事件も起こる訳がありません

 今日ほど「市民への約束」ポスターが、虚しく思えたの日は有りません。

少し以前は、1階市民窓口で市民に対しては「お客様」と言いなさいと指導が有りましたが、今はそのように呼ぶのをなぜか止めています。

 なぜ市民をお客様と呼ぶのか。私には理解できません 市はデパートや銀行ではありません。 市民は、お客ではなく、主人公であり主権者です。

 ブログをご覧のみなさんは どう考えますか?

市長の管理・監督・任命責任が厳しく問われます

 

« 先月オ-プンの「くろまろの郷」行ってきました! | トップページ | 「若いパワーで餅つき」旭ヶ丘子ども会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河内長野市危機管理課職員-窃盗で書類送検!:

« 先月オ-プンの「くろまろの郷」行ってきました! | トップページ | 「若いパワーで餅つき」旭ヶ丘子ども会 »