« 今年最後の「関電、羽曳野営業所前抗議集会」 | トップページ | 今年1年を振り返って! »

2014年12月30日 (火)

「安心できる奨学金」しんぶん赤旗11・12月号外

 今年も残すところ1日になりました。 1年を振り返っては明日にします。

今日は、事務所にあったチラシを紹介します
 社会人のスタートから借金づけ・・・。重すぎる奨学金の返済にゆきずまり、若者の人生を狂わしかねません。日本共産党は「学生が安心して使える奨学金に 奨学金返済への不安と負担を軽減するために」を発表しました。
Img196 裏面は、

Img197 2ヶ月くらい前に、私の所へ生活相談で親子揃って来られた方がいました。 私立大学を奨学金を借りて卒業しましたが、正社員にはなれずアルバイトを転々昨年までトヨタの期間社員していましたが終了する。  確か300万円くらいの奨学金の返済は、非正規社員では返せません。 督促状が来た。 どうすれば良いか・・・・の相談でした。

 答えは、 「奨学金返済猶予の申請をしてみる事」で相談は終わりました。

しかし、根本的な解決ではありません。 上のチラシのような制度に改めあせなければなりません。   宮本たけし衆議院議員も国会で、質問し正しています。

8議席から21議席へ躍進した力に「奨学金は無利子があたり前」「借り換え制度も」「減免制度」などが急がれます

 先進国で「給付型ゼロ」は日本だけ 給付型奨学金の創設を

« 今年最後の「関電、羽曳野営業所前抗議集会」 | トップページ | 今年1年を振り返って! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「安心できる奨学金」しんぶん赤旗11・12月号外:

« 今年最後の「関電、羽曳野営業所前抗議集会」 | トップページ | 今年1年を振り返って! »